本文へスキップ

あなたの街のNo1個別指導塾。

電話でのお問い合わせはTEL.03-5749-3651

〒142-0041 東京都品川区戸越2-7-2

ITTO個別指導学院ITTO個別指導学院

教育コラム反抗期の対処法

 今日のテーマは「反抗期」です。反抗期といえば子供の成長過程の一つで、子供を持つ親としては悩みの種なのではないかと思います。面談などでも「うちの子、反抗期なのですが、どうしたら良いですか?」などのご相談をよく受けます。

 反抗されるとつい、親の方も怒りのボルテージが上がってしまい、子供と喧嘩してしまったりしてストレスを溜め込んでしまうことってありませんか? お子さんもイライラして、親御さんもイライラしてしまう。 そんな悪循環に心当たりはありますか?
 私は反抗期の対処法について質問された場合、「ほっとくのが1番ですよ」と答えます。 

 反抗期はなぜ訪れるかと言うと、子供の自立心の芽生えです。反抗期は「子どもが自らの頭で考え、行動し、責任を取る」ために訪れます。よって大人が命令をすればするほど、その命令に従ってはいけないという気持ちになってしまうのです。つまりはもう「子供」としてではなく1人の「大人」として見てほしいと言うことです。 中学生くらいで反抗期はやってくると思いますが、確かにある程度のことは自分で決断できる年頃です。親御さんにあれこれと言われる年齢でもないとは思うので、自分のことは自分で責任を持たせると言う意味で、放っておく方が良いと思います。

 私自身も反抗期の時期はやはり中学生くらいでしたが、たくさんの失敗をこの時期にした気がします。私も「自分のことくらい親に言われなくても自分でできるわ!」というつもりでいましたが、今思うとただ単に自分の親に『自分でなんでもできる自分』を見てもらい、認めて欲しかっただけに思います。今の子供の反抗期も見ていたり、話を聞いていたりすると、当時の自分とあまり変わらない気がします。なんと言っても1番子供を見てきたのは親なのですから、自分の親に認めてもらいたいのは当たり前ですよね。

 でも反抗期が来るのは、親御さんが自分の子供に対してそれだけ愛情を持って、子供をしっかり見てきて育ててきた証拠だと思います。反抗期の相談をされる保護者様の方々はすごく悩まれて相談してくれます。しかし私は反抗期の相談が来ると、すごくいいご家庭なんだなと、つくづく思います。もし子供に反抗期が訪れたら、ぜひ寛大な心で見守ってあげてほしいと思います。

 なぜならその子は自分の親に自分のことを1人の大人として認めてほしい、もう子供ではないと親御さんにアピールしている最中なのですから。

information


ITTO個別指導学院

品川戸越銀座校
〒142-0041
品川区戸越2-7-2
℡:03-5749-3651

品川東海道校
〒140-0004
品川区南品川2-8-14
℡:03-5781-0775

南大井校
〒140-0013
品川区南大井3-8-18
℡:03-5767-6712

よく頂くご質問はこちらから。

生徒さんの体験談はこちらから。



ご入塾までの流れはこちらから。
ITTO お問い合わせ

お問い合わせはこちらから。


塾生の方
授業の振替、担当講師の変更、プランの変更、休会をご希望の方
こちらのフォームよりご連絡下さい。