本文へスキップ

あなたの街のNo1個別指導塾。

電話でのお問い合わせはTEL.03-5749-3651

〒142-0041 東京都品川区戸越2−7−2

ITTO個別指導学院ITTO個別指導学院

東京都立入試の仕組み

 東京都立入試は、1000点満点の総合点で合否を決めます。 1000点のうち、内申点が300点分、入試が700点分です。 9科目の5段階評価の9科目を300点に変換し、 500点満点の都立入試を700点に変換して総合点を決めます。 順に説明していきます。

@内申点の変換の仕方

内申点は、中学3年生、2学期の内申点を使います。英語・数学・国語・理科・社会の5段階評価は単純に合計します。次に、音楽・美術・体育・技家の実技教科を合計し、さらに2倍します。これを換算内申と言います。
換算内申を300点満点に変換するには、300×あなたの換算内申/65をします。すると、内申点が出ます。

例・・・

A入試得点の変換の仕方

こちらは簡単です。500点満点の入試得点を1.4倍すれば、入試得点を700点満点に変換できますね。模試の点数等は常に1.4倍して、自分の総合点が第一志望校合格ラインに到達しているかどうかを常に意識しましょう。

B入試得点の変換の仕方

高校が定めている総合点はある程度決まっています。なので、

総合点 = (300×換算内申/65) + (入試得点×1.4) 

で必要な入試得点が算出できますね。でも計算が面倒なので、以下のフォームに自分の内申点を入力して、高校合格に必要な入試得点を調べてみましょう。

入試得点シミュレーター

まずは、あなたの5段階評価の成績を以下のフォームに入力してみましょう。勝手にデータが送られたりすることは無いので、安心してください。

技家保体
3科5科9科換算内申
0 0 0 0

都立高校入試得点目安表


上記のフォームに自分の内申点を入力したら、以下の表から必要な入試得点を確認しましょう。男女で必要得点が違う場合があるので、注意してくださいね。

入試Q&Aのコーナー

保護者面談や生徒面談でよく頂く入試に関する質問を集めました。

Q:つまり中3の2学期だけ頑張ればいいわけですね?
A:いいえ、中3の2学期の成績は、1学期との総合点です。中3の2学期だけ頑張るのでは、手遅れになってしまいます。

Q:どうして受験勉強をしているのに、模試の点数が下がるの?
A:秋の模試から出題範囲が広がるので、難易度が上がるためです。模試の点数にある程度注意を払うのは良いですが、余りに意識をし過ぎるとプレッシャーになるので、苦手単元の洗い出し・試験慣れくらいのつもりで、肩の力を抜いて勉強に取り組みましょう。

Q:どうして実技科目がの評定が2倍になるの?
A:実技科目の授業に集中して欲しいから、だそうです・・・。

Q:実技科目にだけ全力を出せばいいですか?
A:ある意味賢いかもしれませんが、高校進学後の勉強についていけなくなったり、併願優遇が受けられなくなったりするので気をつけましょう。

Q:併願優遇って何?
A:英・数・国の3科目、もしくは主要5科目の5段階評価が、私立高校の定める基準に達していれば、すべり止めのための私立高校の試験を有利に受けられる制度です。

Q:単願推薦って何?
A:英・数・国の3科目、もしくは主要5科目の5段階評価が、私立高校の定める基準に達していれば、推薦でその高校にほぼ確実に合格できる制度です。

Q:大学付属の高校に行っておいた方がいい?
A:目的や理由が無く、「大学受験をしたくない」「楽をしたい」等の理由であれば止めてください。受験という貴重なチャンスを棒に振ることになります。また、付属だからといって大学に100%行くことができるわけでもありません。入学後には一定の成績を取り続ける必要があります。

Q:学校の先生に志望校のレベルを下げろと言われたが、下げた方がいい?
A:確かに学校の先生は「志望校を下げろ」ということを言う先生が多いように感じます。明らかに合格に手が届かない状態である場合、下げた方がいい場合もあります。例えばオール3で日比谷高校を受けたいとなると、500点満点以上の入試で500点以上取らなければいけませんから、物理的に不可能です。ですが基本的には、どう頑張っても手が届かない、ということは稀です。志望校の見直しは、1月の模試の結果を見てからでも間に合います。それまではブレることなく、ひたむきに頑張ってみてはどうでしょう。

information


ITTO個別指導学院

品川戸越銀座校
〒142-0041
品川区戸越2−7−2
пF03−5749−3651

品川東海道校
〒140-0004
品川区南品川2−8−14
пF03−5781−0775

南大井校
〒140-0013
品川区南大井3−8−18
пF03−5767−6712

よく頂くご質問はこちらから。

生徒さんの体験談はこちらから。



ご入塾までの流れはこちらから。
ITTO お問い合わせ

お問い合わせはこちらから。


塾生の方
授業の振替、担当講師の変更、プランの変更、休会をご希望の方
こちらのフォームよりご連絡下さい。